多肉植物の育て方を勉強してお部屋のインテリとして飾ろう!

多肉植物とは?

多肉植物とは葉や茎や根に水分を貯蔵している植物の総称のことを言います。他の植物と比較すると葉が肉厚で、サボテンやアロエも多肉植物に入ります。

人気の多肉植物TOP3

多肉植物
no.1

医者いらずのアロエ

古くから薬草として使われていたアロエ。食用や観賞用など、一口にアロエと言っても様々な品種があります。初心者でも育てやすく、風水上でも健康運が上がるものとして好まれています。

no.2

見た目が可愛いコノフィツム

コロンとした丸い形が可愛らしいコノフィツム。コノフィツムは丸型・足袋型・鞍型の3種類に分かれています。日陰を好むため、リビングなど室内で楽しむ多肉植物です。

no.3

不動の人気サボテン

多肉植物の中でも人気の高いサボテン。水をたくさん与えなくても元気に育ち、表面にたくさんとげがあるのが特徴です。100円ショップでも比較的入手しやすい植物です。

多肉植物は育て方が簡単

多肉植物は育て方がとても簡単で、初心者の方でも安心して育てられます。普通の植物よりも水をたくさん与えなくても元気に育ち、室内でも元気に育ちます。

多肉植物の育て方に関する疑問にお答えします!

植物を持つ人

どれくらいの頻度で水を与えればいいのか

多肉植物は元々葉や茎、根などに水を蓄えています。そのため、毎日水を与えなくても大丈夫です。目安としては月に1回、土が完全にカラカラに乾いたら与えましょう。与えすぎは根ぐさりに繋がります。

鉢のサイズは決まりがありますか

鉢のサイズは適度な大きさのものを選びましょう。小さすぎる鉢を選んだ場合、鉢の中で根が絡まり合い、根ぐさりの原因となってしまうので注意をしましょう。

育て方も簡単な多肉植物の魅力にせまる【お手軽な植物】

観葉植物

多肉植物の魅力

多肉植物の魅力は何といっても種類も多く、その可愛らしさからSNSでも話題を呼び、ワイヤー籠やボトルに入れたり自分で可愛くアレンジをする女性が増えています。近年、園芸セラピーという言葉が広まっていることもあり、初心者でも育てやすいということで注目されてます。上手く育てれば花も咲いたり、枯れた葉はそのまま放置すれば多肉植物の赤ちゃんが育ちます。生命力も強いので、園芸が初めての人でも失敗しにくく、育てやすいのが多肉植物の最大の魅力です。

園芸用品

多肉植物を育てるメリット

多肉植物を育てるメリットとして、1つ目はヒーリング効果です。室内に植物があるだけでヒーリング効果があります。植物は空気を綺麗にする効果があり、二酸化炭素を吸収して酸素を放出します。そのため、お子様がいたりペットを飼われているご家庭に好まれています。2つ目は月に1度水やりをすればいいだけなので、忙しい人や出張が多い方でも簡単に育つという事です。また、風水上でも縁起がいいことで、玄関やベランダに飾っている人が多いです。

ガーデニング初心者におすすめ

土が完全に乾いてから水やりをするだけで簡単に育ちます。鉢のサイズに気を付けたり、水の与えすぎさえ気を付ければ比較的失敗せずに育てることができます。

広告募集中