自然素材の家を建を建てよう|化学物質ゼロだから安心

切り絵の家と家族

素材の特徴を活かした家

住居模型

自然素材の家は身体のことを考え造られた家のことをいいます。従来の家はシックハウス等を発症する人達が出るようになりました。そのため、健康を考えた住宅が注目されるようになったのです。自然素材の家には無垢材や塗り壁など様々な素材があります。それぞれの特徴を活かすことで健康的に暮らせるよう造られています。

注目を集めている素材

つみき

優れた調湿性と消臭効果

今の住まいは、気密性・断熱性が高まり、昔の日本の自然素材の家と比べると、ぐんと耐久性が増しています。しかし建材を大量生産しコストダウンを図ったことで、化学物質が使われるようになりました。そして多くの建材は、自分でその危険性を判断することが難しいため、家の中からすべての化学物質を取り除くことは困難になっています。そこで今、注目を集めているのが、天然の木材や土、紙で造られた安全で健康的な自然素材の家です。中でも人気なのは、珪藻土や漆喰などを使った自然素材の家です。珪藻土は、植物プランクトンの死骸が湖や海底に蓄積し、泥土化したものです。超多孔質構造で、この気孔が室内の余分な湿気を吸放湿します。また、煙草の臭いや生活臭などを吸収してくれる消臭効果や、揮発性の化学物質を吸着する効果が高いのも人気の理由です。珪藻土は粘性がなく、それ自体では固まらない性質を持つので、生石灰などを混ぜて施工します。中には珪藻土の気孔を塞いでしまう素材と混合することもあるので、注意が必要です。漆喰は、石灰に糊、麻やワラの繊維などを混ぜたもので、乳白色のやわらかい質感が人気です。また、調湿性に優れ、防火、防音、保湿効果にも優れています。他にも自然素材の家づくりで使われる素材として、水で沸化させたものをクリーム状にして施工が簡単な素材に仕上げた生石灰クリームや、粘土鉱物アロフェンを原料とした多孔質な壁材のエコカラットも注目されています。

家に安心感を求めるなら

男女

新築一戸建ての購入では化学物質によるシックハウス症候群が懸念されますが、自然素材の家を提供している建築会社は様々存在します。無垢材や珪藻土、漆喰などの天然素材を使用した建築に対応している建築会社ならば、体に優しい家を実現してくれます。

購入の仕方や知識

お家

自然素材の家は、各業者がそれぞれ展開しているのでそれぞれの特徴を知っておくことが大切です。ハウスメーカーは規格化されてる中で希望する家を建てれるか確認します。工務店は技術や経験だけでなくなるべく近くにある会社がいいです。建築家は素材を自由に選べる利点を活かし、自然素材の家造りにこだわりましょう。