自然素材の家を建を建てよう|化学物質ゼロだから安心

女の人

家に安心感を求めるなら

男女

床と壁の素材は重要

新築一戸建ての購入では化学物質によるシックハウス症候群が懸念されるようになりました。シックハウス症候群は建材に含まれる揮発性化学物質が要因とされ、多くの方が悩まされています。このような現状の中、現在は自然素材の家を望む方が増えてきており、それに伴い建築会社の方でも安全に暮らせる家を提供しています。新築一戸建ての購入を考えている方は、床や壁に自然素材を使用した一戸建てに注目してみましょう。工務店、ハウスメーカーに関わらず、自然素材をテーマとして家づくりに取り組んでいる建築会社は数多く存在します。自然素材といっても様々なものがありますが、フローリングの場合無垢材と呼ばれる素材が使用されます。無垢材は合板のように何枚もの素材を貼り合わせて構成されるものではなく、原木からそのまま切り出した素材となります。接着剤などの化学物質は一切使用されていないため、安全に使用することができます。自然素材の家を提供している建築会社では、フローリングに無垢材を使用することが主流となっています。壁においては珪藻土や漆喰の価値が見直されて久しく、自然素材の家を提供する多くの建築会社がこれらの素材を使った建築に対応しています。自然界に存在する物質で構成されているため、当然化学物質は含まれていません。また、珪藻土や漆喰は湿度調整もしてくれるので年間を通して快適な住み心地を実感できます。自然素材の家を求めるなら、無垢材や珪藻土、漆喰などの素材を扱う建築会社に依頼すると良いでしょう。