多肉植物の育て方の注意点!使ってはいけない土とは?

多肉植物を害虫から守る【季節にあわせて育て方の環境を変える】

多肉植物の育て方の注意点!使ってはいけない土とは?

多肉植物

多肉植物の平均価格相場

多肉植物は高いイメージがあるかもしれませんが、100円ショップでも購入できるほど、値段が安いです。ただし、インターネットでは珍しい多肉植物が売られており、めずらしい多肉植物となれば数千円から数百万円になるものもあります。基本的に多肉植物は安価で購入できるため、お財布にも優しいので初心者でも手が出しやすいです。

園芸用品

多肉植物を育てる際に注意するポイント

育て方で注意するポイントは、葉焼けの原因となる直射日光は避けて日陰で風通し良い場所で育てましょう。水分が多すぎる環境が苦手で、梅雨の時期に枯れてしまうことがあります。屋外で放置しますと空気中の水分で腐ってしまう事があります。屋内では湿度の調節を行うといいでしょう。種類によっても育ちやすい温度が違うため注意しましょう。

観葉植物

害虫を寄せ付けない方法

1つは腐葉土は使わないことです。腐葉土の中には幼虫や害虫が混じっている可能性があるからです。多肉植物以外の草花を多肉植物の近くに置くとなめくじやかたつむりなどの害虫が来てしまうこともあります。多肉植物の近くにほかの植物を近くに置かない、腐葉土は使わない、湿度の高い場所に置かないようにすることが大切です。

夏と冬で異なる?季節に沿った手入れ方法の違い

夏型の育て方

夏型の多肉植物の育て方は、20度から30度の気温が育てやすいです。夏は土が乾きやすいので、乾いていないかしっかりとチェックすることが大切です。直射日光には気を付けましょう。

冬型の育て方

冬型は5度から20度が育ちやすく、寒さに強く暑さが苦手です。屋外は気温が低く、霜が付着すると枯れてしまうため、屋外で育てるのではなく室内で育てるようにしましょう。

広告募集中