自然素材の家を建を建てよう|化学物質ゼロだから安心

女の人

素材の特徴を活かした家

住居模型

健康のことを考えた家

自然素材の家に対しては様々なイメージがあるようですが、実際は健康を考えて造られた家のことが多いようです。以前の新建材による家はシックハウスやなどを発症する人達が出るようになりました。そのため、最近では身体に優しい自然素材の家が注目されるようになったのです。自然素材の家は天然の素材によって建てられています。例えば、天然の木をそのまま材木として使っている無垢材という素材。針葉樹系、広葉樹系の2種類があり日本では針葉樹系を床材、広葉樹系を建具等に使うことが多いです。新建材の住宅に使われる集成材は有害物質が健康に悪い影響を与えていました。その点、無垢材はそういったリスクを最小限に抑えられています。そして、コンクリート以上の優れた断熱性を持ち、健康を第一に考えた住宅造りに貢献しています。他にも、珪藻土や漆喰といった素材を使った塗り壁も自然素材の家の特徴です。塗り壁とは木舞と呼ばれる下地に素材を塗り上げた壁のことをいいます。これも、以前はビニルクロス等が出てきたことで需要は少なくなっていきました。ですが、健康被害が出たことで昔ながらの塗り壁が再認識されるようになったのです。自然素材の塗り壁は断熱性や調湿作用に優れた材質でできています。また、断熱材として使われるのがセルロースファイバーという素材。これは新聞を粉砕し綿状にして使う素材で廃棄物として処理するところを再利用したものです。そのため環境へかける負荷も少なくコストパフォーマンスにも優れた特徴を持っています。もちろん、化学物質を含む素材は使用しておらず身体へかける負担も少ないです。セルロースファイバーには断熱性や吸音性にも優れた効果を発揮するのです。