多肉植物の育て方に注意してお部屋で癒やされよう

多肉植物に必要なアイテム【室温を保つことが育て方のポイント】

多肉植物の育て方に注意してお部屋で癒やされよう

多肉植物

多肉植物の特徴

多肉植物の特徴は、葉や根や茎に水分を貯蓄しているのが特徴です。葉や茎も他の植物に比べて太く肉厚なものが多いです。乾燥に強く月に1度土が完全に乾燥してから水を与えればいいだけなので、水を小まめに与えなくても元気にそだつことができます。

園芸用品

育てやすい環境

多肉植物が育てやすい環境は、日当たりや風通しがよく、湿度があまり高くない環境が育てやすいです。屋外で育てる場合は、直射日光を避けて風通しも良く、雨の日は濡れないよう室内に戻すようにしましょう。冬は暖かな室内がいいでしょう。

多肉植物

室内で育てる際の注意点

室内での育て方の注意点として、直射日光は葉が焼ける原因となってしまうので、直射日光は避けましょう。多肉植物の中には寒さが苦手な品種もあり、成長が止まったり花が咲かなくなってしまうので、常に室温は一定にしましょう。

多肉植物の手入れに必要なアイテム4選

園芸用品

底に穴の開いた鉢

多肉植物を育てるうえで、土がいつも湿っている環境はよくありません。土が湿っていると根ぐさりの原因となってしまいます。穴のあいた鉢は、水はけがよく、根ぐさりを防ぐことが出来ます。

鉢底石で土の乾燥を促す

鉢底石という軽石や黒曜石があります。この石を鉢のそこに敷き詰めるだけで土の乾燥を促してくれるため、土の水分を調整して多肉植物の根腐れを防ぐことが出来ます。

スプーンやフォーク

肥料の土入れや植え替えでスプーンやフォークは便利です。フォークで余分な土を優しく落としたり、スプーンで多肉植物の横から肥料を入れることが出来ます。

小型のハサミ         

枯れてしまった葉っぱや伸びすぎた茎を調整するために、小型のハサミは便利です。眉毛を整えるハサミは小型なうえ安価で手に入る為、1つは揃えておきたいアイテムです。

広告募集中